★北海道自然史研究会による『帯広百年記念館紀要』の電子公開が、部分的に始まりました。
Topページへ 帯広百年記念館紀要 総目録
発行年 著   者 題   目
1983 昭和58 1 田村昭敏 百年記念館の三つのテーマ 1-2
阿部要介 ストーブ物語 3-14
佐藤孝則・酒井孝幸・柄崎恵子 展示品の紹介 15-21
佐々木昭彦 十勝畑作地帯の土壌診断に関する研究(1) 22-33
梶 孝幸 十勝畑作地帯の土壌診断に関する研究(2) 34-41
1984 昭和59 2 帯広百年記念館編 帯広市緑ヶ丘公園の歴史と自然 1-12
中林成広・植田健仁 キタサンショウウオ Salamandrella Keyserlingii DYBOWSKIの野外観察 13-16
後藤聡明 アイヌの古式舞踊について 17-22
佐藤訓敏 佐々木茂(考古)コレクション1 23-38
北沢 実・柄崎恵子 展示品の紹介J〜L 39-40
帯広百年記念館編 『郷土十勝』総目録 41-42
1985 昭和60 3 佐藤孝則・中林成広・植田健仁 日高山麓におけるエゾサンショウウオ Hynobius retardatusの繁殖期の成体の活動と産卵数について 1-8
佐藤孝則 大雪山系南部におけるエゾシカの食性 9-16
内田祐一 帯広百年記念館アイヌ民族関係資料所蔵目録 17-24
佐藤訓敏 佐々木茂(考古)コレクション2 25-34
川内谷修・柄崎恵子・内田祐一 展示品の紹介M〜R 35-38
1986 昭和61 4 北海道立帯広緑陽高等学校科学部 十勝地方におけるナミテントウ(Harmonia axyrides)の斑紋分析 1-6
佐藤孝則・藤巻裕蔵 緑ヶ丘公園の鳥類 7-12
佐藤訓敏 佐々木茂(考古)コレクション3 13-30
柄崎恵子 帯広百年記念館晩成社関係資料所蔵目録T 31-38
滝川秀敏 シャルダンの絵の魅力 39-46
1987 昭和62 5 田中 実 幕別町古舞地域の積雪・凍結について 1-6
堀井敏弘   帯広市内における河川水質の概況 7-16
佐藤孝則・中林成広 十勝地方におけるエゾサンショウウオ (Hynobius retardatus)の分布及び生息環境T.十勝中央部 17-28
佐藤訓敏 北海道縄文早期遺跡地名表 29-54
1988 昭和63 6 目黒治助・田沼 穣 十勝のアイヌ文化〜沢井トメノの語る植物名とその伝承 1-14
佐藤孝則 緑豊かな街づくりに向けて 15-34
柄崎恵子・加藤 稠 帯広百年記念館晩成社関係資料所蔵目録U 35-42
1989 平成元 7 芳賀良一・小林茂雄 帯広市岩内自然の村の鳥類 1-6
平田 恵・成田修一 十勝のアイヌ語資料 7-28
1990 平成2 8 佐藤孝則 エゾサンショウウオの繁殖場所 1-10
古家智子 北一明氏の陶芸の魅力 11-16
1991 平成3 9 飯嶋良朗 北海道大樹町歴舟川河口におけるシギ・チドリ類の渡来状況 1-14
佐藤孝則 エゾサンショウウオの求愛と産卵行動 15-24
井上 寿 十勝におけるトノサマバッタの発生 25-50
山田悟郎 縄文時代の植物性食料資源について 51-56
1992 平成4 10 柳川 久・佐藤孝則 狩勝高原佐幌地区の哺乳類 1-8
田沼 穣 アイヌ語の言語地理学的研究 9-24
土屋 正 晩成社関係書簡の分析例 25-40
1993 平成5 11 川井唯史 駒止湖におけるザリガニCambaroides japonicusの生息環境 1-6
藁科哲男 帯広市落合、上似平、曉、空港南A遺跡出土の黒曜石製遺物の原材産地分析 7-16
北沢 実 黒曜石製遺物の原材産地分析結果に関するコメント 17-20
棚瀬善一 帯広百十年のあゆみ 21-31
ボランティアの会 帯広百年記念館レコード資料目録T 33-56
1994 平成6 12 丹由紀子 帯広の孤立林の現状 1-8
一田卓弥 十勝のカシワ孤立林に見られる樹種 9-21
帯広百年記念館編 博物館セミナー先住民族としてのアイヌ民族(講演要旨)  23-52
1995 平成7 13 柏崎良一 オベリベリ開拓に尽くした信州上田藩一士族父子のルーツ を探る 1-32
河内健治 十勝平野部に分布する湿性林の構成樹種の地形的分布特性 33-40
帯広百年記念館ボランティアの会 帯広百年記念館レコード資料目録U 41-56
1996 平成8 14 山原敏朗 北海道における細石刃文化以前の石器群について 1-28
池田亨嘉 北海道帯広市緑ヶ丘公園十勝池のガンカモ類 29-36
内田祐一 アイヌ民族におけるオオウバユリ鱗茎の保存処理工程の地方差について 37-58
帯広百年記念館ボランティアの会 編 シンポジウム とかちの戦後50年を考える(講演要旨) 59-82
1997 平成9 15 帯広百年記念館編 講演会 世界の先住民の国際10年(講演要旨)
チュンネル・ミハイロビッチ・タクサミ◆ロシアの先住民族問題 
小谷凱宣◆北米のアイヌ関係資料 
1-27
柳川 久 幕別町猿別におけるアオサギのコロニーについて 29-37
1998 平成10 16 細矢勝司 八王子千人同心「蝦夷地の開拓と警備」-皆川周太夫 日勝道踏査の周辺- 1-54
帯広百年記念館編 博物館セミナー 
自然環境の復元〜おびひろの可能性〜 (講演要旨)
武内 和彦
◆自然環境の復元〜おびひろの可能性〜        
55-74
1999 平成11 17 帯広百年記念館編 講演 江戸時代のとかち 
第21回帯広百年記念館特別企画展「戸賀地登場」関連講演会     講師:佐藤 宥紹
1-16
渡辺展之・渡辺 修・丹羽 真一   札内川中流域におけるケショウヤナギ林の形成機構1. 17-25
渡辺展之・渡辺 修・丹羽 真一 札内川中流域におけるケショウヤナギ林の形成機構2. 27-31
川井唯史・平田昌克 然別湖と士幌町におけるザリガニの分布状況 33-38
草野尋匡 文学作品が描いた十勝 39-54
内田祐一 北海道家庭学校博物館所蔵のアイヌ民具コレクション 55-70
山原敏朗  帯広市桜木2遺跡の発掘調査報告 71-76
2000 平成12 18 川井唯史・中田和義・平田昌克・音更川グラウンドワーク研究会 十勝中部におけるザリガニ類の分布 1-8
渡辺展之・渡辺 修・丹羽 真一 北海道における夏期開花植物の訪花昆虫相 9-24
町野陽一 ヨーロッパのザリガニとその保護の問題 25-43
内田祐一 アイヌ民族のオオウバユリ鱗茎処理工程の地方差におけるデンプン採取の違いについて 45-56
山原敏朗 浦幌町新吉野台細石器遺跡の石器資料について 57-62
2001 平成13 19 小川正人・山田伸一(編) 十勝毎日新聞(1920−1939年)掲載アイヌ関係記事:目録と紹介(1) 1-42
作間勝彦 晩成社移民団関係写真と写真師・鈴木真一
 -帯広百年記念館収蔵の歴史資料写真から-
43-54
渡辺 修・丹羽真一・渡辺展之 帯広の森における植栽林の現況評価と里山作りへの提言-市民調査の結果から 55-66
川井唯史・中田和義・ ニホンザリガニの保全(総説) 67-78
中田和義・浜野龍夫・川井唯史・平田昌克・音更川グラウンドワーク研究会・高倉裕一・鏡 坦・堤 公宏 北海道十勝地方におけるザリガニ類の分布および個体数密度の経年変化 79-88
2002 平成14 20 小川正人・山田伸一(編) 十勝毎日新聞(1920−1939年)掲載アイヌ関係記事:目録と紹介(2) 1-26
丹羽真一 十勝地方東部丘陵地にある本別公園の高等植物相 27-36
平田昌克・川井唯史・菊池貞雄・中田和義・平田正信・荒井 健・池田亨嘉 「里川づくりシンポジュウム」開催報告 37-42
藁科哲男 上似平遺跡出土の旧石器時代黒曜石製細石刃、石片の原材産地分析 43-52
山原敏朗 上似平遺跡から出土した旧石器文化遺物の黒曜石原材産地分析についての補足説明 53-56
小西雅徳・内田祐一 板橋区立郷土資料館所蔵の石田収蔵資料に含まれていた吉田巌関連資料について 57-62
2003 平成15 21 丹羽真一・川辺百樹・松田まゆみ・佐藤 謙 十勝地方南部・豊頃丘陵の維管束植物相(予報) 1-18
藤山広武・平訳正勝・川名淳二・渡辺悌二 日高山脈東麓緩斜面に堆積する礫層について(第1報) 19-23
北沢 実・西沢千鶴 資料紹介 上士幌町糠平湖西岸3遺跡採集の土器 25-27
山原敏朗 帯広市大空遺跡の第二次発掘調査報告 29-35
2004 平成16 22 広瀬龍太 晩成社の渡辺カネとアイヌの人びと−昭和9年の小学校講演を中心に− 1-13
池田亨嘉 十勝地方で観察された鳥類記録1999〜2004(1) 15-30
根本国彰 帯広百年記念館鳥類剥製標本目録 31-40
2005 平成17 23 千嶋 淳 十勝川下流・十勝海岸におけるカワウの観察記録 1-8
池田亨嘉 十勝地方で観察された鳥類記録1999〜2004(2) 9-24
高倉 純 十勝平野周辺地域における石器石材の分布と産状(1)
-白糠丘陵南縁部厚内層群産出の珪質堆積岩-
24-34
2006 平成18 24 秋野茂樹 シカの熊送り儀礼一再考 1-10
高倉 純 十勝平野周辺域における石器石材の分布と産状(2)
-十勝平野南部の堆積岩-
11-19
千葉章仁 晩成社関係図書目録 21-42
2007 平成19 25 中村 和之 李志恒『漂舟録』にみえる「石将浦」について 1-8
池田亨嘉 北海道帯広市周辺における越冬期の水鳥類の個体数について 9-28
帯広百年記念館編 グラフで見る十勝農業史(1) -畜産(1)乳牛・肉牛− 29-33
2008 平成20 26 山田 悟郎・柴内佐知子 八千代A遺跡から出土した植物遺体について 1-10
秋野 茂樹 場所請負制とアイヌの熊送り儀礼−軽物・イコロから見る- 11-36
秋山 秀敏 古地図に見える帯広・十勝 37-57
帯広百年記念館編 グラフで見る十勝農業史(2) -畜産(2)馬・中小家畜<綿羊、山羊、鶏、豚>− 59‐70
2009 平成21 27 北沢 実・大鳥居千鶴 十勝地域の縄文土器概観 1-26
大橋  毅 芽室町毛根1遺跡採集の石鏃について 27-36
帯広百年記念館編 帯広百年記念館植物標本目録(1) 伊東捷夫氏収集 植物目録(キク科) 37-52
帯広百年記念館編 グラフで見る十勝農業史(3) -作物(1)水稲・陸稲・麦類<小麦、大麦、裸麦>・雑穀類〈粟、稗、黍〉 53-62
2010 平成22 28 秋野 茂樹 アイヌ霊送り儀礼の地域的様相-江戸期の様相とともに(1) 1-12
北沢 実 帯広市八千代A遺跡出土土器の再整理(1)-5地点出土の土器群 13-16
帯広百年記念館編 帯広百年記念館植物標本目録(2) 伊東捷夫氏収集 植物目録(キク科をのぞく合弁花類)) 17-44
帯広百年記念館編 グラフで見る十勝農業史(4) -作物(2)蕎麦・玉蜀黍・豆類〈大豆・小豆・菜豆・豌豆> 45-60
2011 平成23 29 秋野 茂樹 アイヌ霊送り儀礼の地域的様相-江戸期の様相とともに(2)
北沢 実 十勝地域の縄文土器概観(2)
帯広百年記念館編 帯広百年記念館植物標本目録(3) 伊東捷夫氏収集 植物目録(離弁花類、クルミ科・ヤナギ科・カバノキ科・ブナ科・ニレ科・クワ科・イラクサ科・ビャクダン科・タデ科)
2012  
平成24   30 伊藤彩子 帯広市大山緑地・若葉の森ベイトトラップ調査(1)‐腐肉ベイトトラップにより採集された甲虫類について‐ 1-10
持田 誠 帯広市新産外来種ハイコウリンタンポポ Hieracium pilosella L. 11-14
藤山広武・川名淳二・右谷征靖・小出隆一・高倉裕一・平譯正勝・井上 隆・村石 靖 帯広市南の森西で発見された周氷河現象 15-21
 菅原慶郎 俵物・昆布考 −松前・蝦夷地と南部藩領を事例に−  22-28
 帯広百年記念館編  帯広百年記念館植物標本目録(4) 伊東捷夫氏収集 植物目録(離弁花類、ヤマゴボウ科・スベリヒユ科・ナデシコ科・アカザ科・ヒユ科・モクレン科・マツブサ科・クスノキ科・カツラ科・アケビ科・キンポウゲ科・スギナモ科・メギ科・センリョウ科・ドクダミ科・ウマノスズクサ科・マタタビ科・ツバキ科・オトギリソウ科・モウセンゴケ科・ケシ科・アブラナ科) 29-44 
 2013
平成25 31 米山将治 十勝美術作家史(1)−美術編− 1−24 
持田 誠 おびひろ動物園から記録されたエゾヒメアマナおよび十勝における標本記録について 25−32
千嶋 淳 北海道東部の太平洋沿岸におけるアビ類の観察記録 33−43
帯広百年記念館編 帯広百年記念館植物標本目録(5) 伊東捷夫氏収集 植物目録(離弁花類、スズカケノキ科、ベンケイソウ科、ユキノシタ科、バラ科) 43−54
    2014

  平成26    32 大和田 努  『津田禎次郎関係資料』所収「津田禎次郎関係新聞」  1-8
米山 将治  十勝美術作家史(2)-書道編-  9-16 
今野 怜・今野 美和・池田亨嘉  帯広市緑ヶ丘公園におけるカモ類の標識調査-2001年から2012年の記録-   17-26
千嶋 淳  大津海岸におけるボナパルトカモメの観察記録   27-30
持田 誠  十勝におけるハイコウリンタンポポの現状  31-36 
帯広百年記念館編  帯広百年記念館植物標本目録(6) 伊東捷夫氏収集 植物目録(離弁花類、マメ科・ミカン科・ニガキ科・ウルシ科・カエデ科・ツリフネソウ科・ニシキギ科・ミツバウツギ科・ツゲ科・クロウメモドキ科・ブドウ科・シナノキ科・アオイ科・ジンチョウゲ科・グミ科)  37-48 
 2015

    
平成27  33     酒井 孝幸 北海道晩成合資会社所有地の変遷  1-16 
山田昌義・鏡 担・丸山まさみ・川井唯史  十勝における外来種ウチダザリガニの現状と対策(総説)  17-32 
伊東捷夫・佐藤 清・安田勝則・伊東多美子  帯廣神社および水光園の植物  33-46
帯広百年記念館編   帯広百年記念館収蔵晩成社史料目録
依田八百氏および依田昭二氏寄贈晩成社史料目録編
  
 47-56
帯広百年記念館編   帯広百年記念館植物標本目録(7) 伊東捷夫氏収集 植物目録 (離弁花類・スミレ科・ミゾハコベ科・ウリ科・ミソハギ科・ヒシ科・アカバナ科・アリノトウグサ科・スギナモ科・ミズキ科・ウコギ科・セリ科) 57-66 
           
           
帯広百年記念館紀要は百年記念館友の会で一般頒布しています。くわしくは、お問合せください(0155-24-5352)
頒布中:17・22・23・25号は各500円、20号は1,000円、21・26〜33号は800円。ミュージアムショップでお求めいただけます