Topページへ 直近の情報は、こちら 開催日順は、こちら
帯広百年記念館 2018年度のおもなプログラム
内容・日程などが変更になることがあります
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
まずは見てみて、ふれてみて 博 物 館 講 座           
道民カレッジ連携。事前申込みは不要、受講は無料、会場は百年記念館2号室です(「ぶらり帯広・文化財めぐり」を除く)
4月21日(土)  『十勝地方を記録した人々〜松浦武四郎・田内捨六・内田瀞・河野常吉
★幕末から明治時代にかけての探査記録や報告書から十勝の歴史をひもときます。 (道民カレッジ連携講座)
5月12日(土)  『北の大地を見る・食べる・学ぶ〜白滝ジオパークの取組 百年記念館友の会講演会 (道民カレッジ連携講座)
★「大地の公園」と呼ばれるジオパークとは何か、遠軽町「白滝ジオパーク」を例に紹介します。
6月16日(土)&23日(土)『レコードと音の文化史29・30』
★レコードに残された歌や音の記録から、当時の時代背景や世相を紹介します。2回連続の講座 (道民カレッジ連携)
 
7月21日(土)  『ものがたりの昆虫6』
★いろいろな物語に登場する昆虫。帯広にも関わりのあるこれらの昆虫を紹介します。 (道民カレッジ連携講座)  
8月11日(土)  『ほっかいどうの遺跡語り』(特別企画展関連講座)
★「特別企画展関連講座」として、北海道の先史文化に関わる最新の話題を紹介します。 (道民カレッジ連携講座) 
9月1日(土)  『おびひろの遺跡語り〜八千代A遺跡の巻(特別企画展関連観察会)
★北海道を代表する縄文遺跡のひとつ、帯広市八千代A遺跡の調査・研究の今と昔を紹介します。 (道民カレッジ連携講座)
 
9月22日(土) 『アイヌ語で自然かんさつ図鑑のひみつ』
★図鑑をより楽しく使えるよう本の中に忍ばせた「ひみつ」を紹介します。(道民カレッジ連携講座)   
10月14日(日) 『ぶらり帯広・文化財』(野外/事前の申込みが必要です)
★帯広市内をぶらり散策。街並みや市内に残る文化財からわかる歴史・自然をバスと徒歩で訪ねます。
11月17日(土) 『動物たちのスケジュール〜いつ、どこで、なにしよう?
★哺乳類の予定はどのように決まるのでしょう?十勝のシカを題材に分かりやすく解説します。  (道民カレッジ連携講座)
 
12月15日(土) 『大地が語る十勝の自然史』 (道民カレッジ連携講座)
★十勝平野の太古の様子について、最新の自然史研究の成果を紹介します。「百年記念館友の会」研究発表会を兼ねて行います。
1月19日(土) 『北海道150年の光と影〜開拓の捉え方
★北海道が設置されて150年、専従者と移住者による「開拓」が織りなした軋轢と成果を十勝の事情を交えつつ紹介します。
【北海道大学アイヌ・先住民研究センター巡回講座】
(道民カレッジ連携講座)
2月16日(土) 『フィールドの中の博物館2』
★アラスカを中心としたフィールドワークで出会った博物館について解説します。 (道民カレッジ連携講座)
3月9日(土) 『学芸員のしごと〜学芸活動報告会』
★当館の学芸スタッフが平成30年度に行った調査研究の成果などを発表します。 (道民カレッジ連携講座)
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
ちょっと遠くへ見学会  郷土学習バス見学会
◆ 事前の申込みと参加費(保険料)が必要です ◆ 【百年記念館友の会と共催】
◆7月7日(土)『松浦武四郎の足跡をたどる』
★武四郎の記録をもとに、十勝管内にのこした足跡をバスで巡ります。 
◆8月19日(日)『十勝平野の生い立ちを探る〜然別に火山と湖を訪ねる 
★然別方面へ、風穴や湖、火山活動の痕跡などを見学します。(十勝の自然史研究会と共催)
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
育てていこう!知識の芽  博物館で学ぶ連続講座
◆ 事前の申込みが必要です ◆【百年記念館友の会と共催】
  
 『地質講座〜十勝のジオツアー
★十勝平野の生い立ちを座学と4回の現地見学で学習する5月〜10月の5回講座。今年は「北部十勝のジオスポットめぐり」
※募集は「広報おびひろ5月号」、受付は5月上旬を予定しています。
 『アイヌ語で自然かんさつ』
★3回連続講座を野外で行い、「アイヌ語で自然かんさつ図鑑」の使い方をマスターします。
@5/19(土) A6/30(土) B9/1(土)
 
 『十勝の古文書を読む』
★十勝に残された史料を読みながら、古文書の仕組みを学び、読み解く4回講座。@9/30(日) A10/7(日) B10/21(日) C11/4(日)
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
体 験 教 室  ◆ 事前の申込みが必要です ◆ 【百年記念館友の会と共催】   
◆8月18日(土)『縄文人になってみる!』
★火おこしや弓矢などを体験します。
   
◆12月23日(日=祝)『まが玉作り教室』
★古代人の定番アクセサリーといえる「まが玉」作りのお手軽体験です
 ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
 自然観察会  ◆ 事前の申込みが必要です ◆ 【百年記念館友の会と共催】  
『スマホでチャレンジ!〜生きもの探しに出かけよう 4月28日(土)・7月28日(土)
★スマホを使って楽しめる! 緑ヶ丘公園で自然を気軽に発見する方法を紹介します。
 
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
特別企画展 『八千代A遺跡とその時代〜縄文らしさの始まり
◆8月11日(土)〜9月17日(月=祝)⇒予定
 
 ★北海道の縄文文化観を大きく変えた帯広市八千代A遺跡の出土品を中心に、9千年前の帯広・十勝・北海道の先史文化を紹介します。
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
百年記念館 企画展  新着資料展
◆3月2日(土)〜3月24日(日)
   会場は特別展示室、観覧は無料です
 
★平成30年度に当館が新たに収蔵した資料を中心に紹介します。
★関連事業:博物館講座「学芸員のしごと」 3/9(土)
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
  百年記念館 収蔵美術品展-美しき墨の世界 
◆10月27日(土)〜11月18日(日)
  会場は特別展示室、観覧は無料です
 
桑原翠邦「求福」
★当館が所蔵する美術作品を紹介する展示会です。
 今年度は「美しき墨の世界」をテーマに、桑原翠邦人、金子鴎亭、長沼透石の書、土井博詞の水墨画などを紹介します。
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

百年記念館ロビー展           
◆ 会場はロビー、観覧は無料です ◆
         

◆4月14日(土)〜5月6日(日)『五月人形展』
★当館所蔵の五月人形を展示します
 
◆6月1日(金)〜6月30日(土)荘田喜與志コレクション13『昭和からの伝言』
★郷土の写真家・荘田喜與志氏のコレクションから、当館が所蔵する過ぎし日の帯広・十勝を写した写真を紹介します 
◆11月13日(火)〜12月2日(日)『マッチ箱展2』
★当館ボランティアの会が整理作業を進めている、帯広・十勝の飲食店に置かれていたマッチ箱を展示します 
◆1月12日(土)〜2月3日(日)『十勝・帯広むかしの絵はがき展2』 
★観光絵はがきや、記念事業の際に発行された絵はがきから、かつての十勝・帯広を振り返ります
 
◆2月8日(金)〜3月3日(日)『ひな人形展』 
★当館所蔵のひな人形を展示します 
◆2月9日(土)〜3月3日(日)『デッサン教室作品展』
★百年記念館の「楽しくデッサン教室」で受講生が制作した作品を展示
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

創造活動センターの展示 

  『陶芸サークル展』 ⇒10月11日(木)〜10月21日(日) 
★百年記念館で活動する陶芸サークル4団体「帯広陶芸会」「銀陶会」「十勝陶夢の会」「サークル・ポタリ」の会員が制作した作品の展示会です。
  『第37回 郷土美術展』 
⇒1月18日(金)〜2月3日(日)

★十勝にお住いの皆さんの美術作品の公募展です。出展作品の募集は10月頃にお知らせします。

 
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

創造活動センターの講座
◆ 募集要項は「広報おびひろ」または新聞等でもお知らせします ◆


陶芸作品


親子陶芸

■陶芸 初心者を対象とした講座です。
◆前期:4月〜8月(毎月第24の火・水曜日) 
◆後期:10月〜2月(毎月第24の火・水曜日)
◆夜間:6月〜10月(毎月第1・3の水・木曜日) 

◆親子陶芸教室『陶器にチャレンジ』(定員:各講座とも親子2040名)  
  @7月1日(日)/A7月7日(土)/B714日(土)

◆親子七宝教室(定員:親子20組40名)  
  8月4日(土)「ブローチ・ペンダントを作ろう」

◆楽しくデッサン教室 (定員:36名)
  10月6日(土)開講、全4回の連続講座

◆冬の親子陶芸教室『好きな陶器を作ろう』(各回とも定員:親子2040名)
  @12月1日(土)/A12月2日(日)