道東3管内博物館施設等連絡協議会 編


2018年6月~2019年3月

道東3管内博物館施設等連絡協議会に加盟する館・園の情報です。
各施設・事業の詳細は、それぞれの施設にお問い合わせください 

 
 
 情報マップの拡大版は、こちら
道東3管内博物館施設等連絡協議会加盟館園
★十勝
 足寄動物化石博物館 浦幌町立博物館 帯広百年記念館 神田日勝記念美術館  ひがし大雪自然館 広尾町海洋博物館 幕別町忠類ナウマン象記念館
★釧路 厚岸町海事記念館 標茶町博物館 釧路市立博物館 鶴居村ふるさと情報館みなくる 屈斜路コタンアイヌ民俗資料館
★根室 標津町ポー川史跡自然公園 標津サーモン科学館 中標津町郷土館 根室市歴史と自然の資料館 別海町郷土資料館 北海道立北方四島交流センター
      羅臼町郷土資料館
 ★ 十 勝 ★
足寄動物化石博物館 ⇒施設ホームページへ
089-3727 足寄町郊南1-29 Tel.0156-25-9100
20体以上の全身骨格を中心に、海にすむ哺乳類の化石や進化を紹介。レプリカ作りなどの体験ができる。
利用案内⇒開館時間:9:30~16:30/休館日:火曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始/入館料:一般=400円、小中高生・65歳以上=200円
【2018年度のおもな事業】
◆化石体験◆
「ミニ発掘」⇒石の中から本物の化石や鉱物を掘り出す(200円)=通年
「レプリカ作り」⇒化石や古生物の模型を石膏で作る(200円)=通年
「古生物模型づくり」⇒デスモスチルスやティラノサウルスなどのミニチュア模型を石膏で作る(400円)=通年
「夏の特別化石体験」⇒化石体験の夏の特別版。デスモスチルス臼歯片やダイアモンドを掘る、など=7月16日~8月31日
◆あしょろ化石教室(事前の申し込みが必要)◆
「化石教室」6月17日⇒足寄動物化石群化石の産地と古十勝湾の貝化石
「化石教室」7月8日⇒白糠町右股で3000万年前の貝化石を探す
「化石教室」9月2日⇒釧路市阿寒で500万年前の貝化石-タカハシホタテなどを掘る
◆講演会◆
「開館20周年記念講演会」8月5日⇒小林快次さんを講師に、恐竜を中心にした古生物の話し
◆その他の事業◆
「バロックコンサート10」9月8日⇒展示室でチェンバロ・アンサンブルの演奏を聴く
「夜の博物館」10月27日⇒照明を消した展示室を探検し、暗やみで化石体験
「干支の骨展」1月7日~31日⇒干支「威」≒イノシシ類の頭骨を比較展示
「冬の博物館」1月11日・12日⇒雪中から発掘した化石・鉱物でペンダントを作る
浦幌町立博物館 施設ホームページへ
089-5614 浦幌町字桜町16-1 Tel.015-576-2009
十勝・浦幌の自然と歴史を紹介。アオサギのコロニーや縄文時代の墳墓をジオラマで再現。考古資料が充実。
利用案内⇒開館時間:10:00~17:00/休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)、祝日の翌日(土・日・祝は開館)年末年始/入館料:無料
【2018年度のおもな事業】
博物館講座
「ワンダイムの小さな医療協力」6月12日⇒医療協力チーム「ワンダイム」の取組を町立病院の榊原医師が紹介
「ヒグマフォーラム2018」11月10日⇒うらほろヒグマ調査会設立20年を記念し、調査研究活動の歴史を振り返る
「直別の聖人・黒岩四方之進」12月27日⇒直別に黒岩農場を拓いた黒岩四方之進の人と業績を紹介
「うらほろスタイルゼミナール」随時開催⇒浦幌の自然・文化・歴史に特化した外部講師による講演会
「ブックトーク&ロビーコンサート」毎月第3土曜日⇒図書館司書によるブックトークと、収蔵資料のレコードコンサート
「お茶を飲みながら資料を磨く会」随時開催⇒博物館資料の整理活動に取り組むボランティアの活動
博物館移動講座
「町内花めぐり」6月9日⇒山から海まで、浦幌の花々を観察して回ります(一般8名)
「直別の歴史と自然」6月17日⇒直別渡船やキナシベツ湿原など、釧勝国境地域の歴史と自然を散策(一般、定員なし)
「うらほろ文化財めぐり」8月11日⇒企画展関連企画。浦幌の史跡と文化財を巡る(一般8名)。
「渡り鳥観察会」11月、3月⇒渡り鳥の一大中継地である豊北海岸一帯を双眼鏡を片手にめぐります(一般・子ども)
「列車で鉄道遺産」12月⇒列車を活用した鉄道遺産と地理歴史巡検(一般8名)
博物館連続講座
「豊北植物調査会」11月までの第1土曜日⇒豊北海岸の植物の移り変わりを記録して歩く調査観察会(一般)
企画展
「浦幌の文化財」7月28日~9月24日⇒町内に存在する文化財・史跡の現状と課題を紹介
「フォトサークル21写真展」10月30日~11月17日⇒フォトサークル21設立20周年を記念した写真展
「上厚内駅回顧展」11月23日~12月15日⇒平成29年3月3日で廃止となった上厚内駅の歴史を振り返る
「孔版画年賀状展」1月24日~2月6日⇒うらほろ孔版画サークル主催の年賀状展
帯広百年記念館 ⇒施設ホームページへ
080-0846 帯広市緑ヶ丘2番地 Tel.0155-24-5352
十勝・帯広の総合博物館。博物館常設展示室では十勝の歴史・自然・産業などを紹介、創造活動センターでは陶芸などのモノづくり講座。
利用案内⇒常設展示室開館時間:9:00~17:00/休館日:月曜日(祝日は開館)、祝日の翌日(土・日は開館)、年末年始
      入館料:一般380円、高校生・65歳以上190円、中学以下無料
【2018年度のおもな事業】
博物館講座
「レコードと音の文化史」6月16・23日⇒レコードに残された音の記録から当時の時代背景や世相を紹介
「ものがたりの昆虫6」7月21日⇒いろいろな物語に登場する虫。帯広にも関わりのあるこれらの昆虫を紹介
「ほっかいどうの遺跡語り」8月11日⇒北海道の先史文化に関わる最新の話題を紹介(特別企画展関連講座)
「おびひろの遺跡語り」9月1日⇒北海道を代表する縄文遺跡の一つである八千代A遺跡の調査・研究の今と昔を紹介(特別企画展関連事業)
「アイヌ語で自然かんさつ図鑑のひみつ」9月22日⇒図鑑の中に忍ばせた「ひみつ」を紹介
「ぶらり帯広・文化財」10月14日⇒帯広市内をぶらり探索。街並みや市内に残る文化財からわかる歴史・自然を訪ねる(要申込み)
「動物たちのスケジュール」11月17日⇒哺乳類の一日の予定はどう決まるのでしょう?十勝のシカを題材に紹介
「大地が語る十勝の自然史」12月15日⇒十勝の成り立ちや地形・地質について最新の調査研究成果を紹介
北大アイヌ・先住民研究センター巡回講座「北海道150年の光と影」1月19日⇒先住者と移住者とによる「開拓」の歴史が織りなした軋轢と成果を、十勝の事例交えて紹介
「フィールドのなかの博物館2」2月16日⇒日本のフィールドワークで出会った文化遺産の保護について解説
「活動成果発表会」3月9日⇒当館の学芸スタッフが平成29年度に行った調査研究の成果を紹介
展示◆(観覧は無料です)
収蔵美術作品展「美しき墨の世界」6月23日~7月17日⇒当館収蔵の桑原翠邦・長沼透石の書、土井博詞の水墨画などを展示
特別企画展「八千代A遺跡とその時代展~縄文らしさのはじまり」8月11日~9月17日⇒八千代A遺跡出土品を中心に、9千年前の帯広・十勝・北海道の先史文化を紹介
「陶芸サークル展」10月11日~21日⇒当館で活動する陶芸サークル会員の作品を展示
第37回「郷土美術展」1月18日~2月3日⇒十勝管内で制作活動をしている方々の美術作品の発表・鑑賞の場
企画展「新着資料展」3月2日~3月24日⇒平成3029年度に収集した資料などを紹介
ロビー展「荘田喜與志写真コレクション13 昭和からの伝言」6月1日~6月30日⇒当館が収蔵する郷土の写真家、荘田喜與志が撮影した写真から過ぎし日の十勝帯広を紹介
ロビー展「マッチ箱展2」11月13日~12月2日⇒かつて帯広・十勝の喫茶店・スナック・食堂などに置かれていたマッチ箱を展示
ロビー展「十勝・帯広むかしの絵はがき展」1月12日~2月3日⇒観光絵はがきや記念事業の際に発行された絵はがきから歴史を振り返る
ロビー展「ひな人形展」2月8日~3月3日⇒当館収蔵の明治~昭和にかけてのひな人形を展示
ロビー展「デッサン教室作品展」2月9日~3月3日⇒“楽しくデッサン教室”受講生の作品を展示
体験教室・自然観察会
「スマホでチャレンジ~生きもの探しに出かけよう」4月28日・7月28日⇒スマホを使って緑ヶ丘公園で自然を気軽に発見する方法を紹介
「縄文人になってみる」8月18日⇒火おこしや弓矢などを体験
「まが玉作り教室」12月23日⇒古代人のアクセサリーの定番「まが玉」を作りのお手軽体験教室(要申込み)
バス見学会
「松浦武四郎の足跡をたどる」7月8日⇒武四郎の記録をもとに、十勝管内にのこした足跡を巡る(要申込み)
「十勝平野の生い立ちを探る」8月19日⇒然別方面へ火山と湖を訪ねる(要申込み)
連続講座
「アイヌ語で自然かんさつ」5月~9月⇒3回連続。野外で「アイヌ語で自然かんさつ図鑑」の使い方をマスター
「地質講座~十勝のジオツアー」5月~10月⇒座学と4回の現地見学で十勝の成り立ちを学習(募集終了)
「十勝の古文書を読む」9月~11月⇒十勝に残された史料を読みながら、古文書の読解に役立てる(要申込み)
創造活動講座◆(要申込み、受講料が必要です)
「親子陶芸教室」7月1日・7日・14日、12月1日・2日⇒親子で陶芸体験
「親子七宝教室」8月4日⇒親子で七宝を体験する講座
「後期陶芸講座」10月~2月⇒初心者・入門者対象の全18回講座
「楽しくデッサン教室」10月⇒デッサンの技術を学ぶ4回連続講座
神田日勝記念美術館 ⇒施設ホームページへ
081-0292 鹿追町東町3-2 Tel.0156-66-1555
32歳で夭折した洋画家・神田日勝の代表作品の約半数を常陳する美術館。外観は東大雪の山並みをイメージ。
利用案内⇒開館時間:10:00~17:00/休館日:月曜日、祝日の翌日、年末年始/入館料:一般520円、高校生310円、小中学生210円
【2018年度のおもな事業】
展示
第1期常設展「コレクション展-新収蔵品紹介」~6月10日⇒日勝の代表的コレクションと平成29年度に新たに収蔵した風景画・静物画の作品群を紹介
「鈴木秀明の世界」5月29日~6月10日⇒新道展の重鎮・鈴木秀明の絵画展
開館25周年記念展「《室内風景》を巡る、これまでとこれから」6月12日~9月2日⇒日勝の代表作「室内風景」を主軸に、彼の画業と当館の25年の歩みを振り返る
「音の錦絵-絵師たちの見た洋楽器」8月18日~9月2日⇒澤崎眞彦氏(東京学芸大学名誉教授)所蔵の浮世絵のコレクションを紹介
第2期常設展「神田日勝が描いた牛、馬、人物」9月4日~4月下旬⇒日勝による動物や人物が描かれた作品を中心に展示
「牛の足音-冨田美穂 牛の木版画展」9月4日~10月14日⇒大画面に本物と見紛うほど緻密に表現された牛たちが、日勝の《牛》や《馬》とともに会場に展示
「蒼野甘夏 日本画展」10月16日~28日⇒札幌在住の日本画家・蒼野甘夏の作品展
イベントなど
「第24回 馬の絵作品展」10月2日~10月9日⇒全国の小中学生から公募した「馬の絵」の全作品を一挙に展示
「第24回 蕪墾祭」6月17日⇒神田日勝記念美術館の開館を祝うファンのつどい。男声合唱団「コール・フリューデル」の演奏と「ワインとチーズの交流会」の二部構成
「第26回 馬耕忌」8月26日⇒神田日勝の命日に近い日曜日に開催。日勝の画業をしのび、美術館の明日を語る集い。ジャズピアニスト野瀬栄進のピアノコンサートも開催
「第16回 日勝祭」12月8日⇒日勝の誕生日(12/8)に開催するファンの集い。ミニコンサートや講演会を開催
「アートキッズクラブ」7/21・12/1・2/1617⇒児童を対象とした工作授業と美術館鑑賞
「馬の絵写生会」7月27日⇒馬の絵作品展関連事業として、体験乗馬を通じて馬と触れ合いながら馬の描き方を学ぶ小学生対象のイベント
 
幕別町忠類ナウマン象記念館 ⇒施設ホームページへ
089-1701 幕別町忠類白銀町383-1 Tel.01558-8-2826
昭和44年に発見されたナウマンゾウ化石。その発見から発掘までの軌跡を展示やビデオで紹介。
利用案内⇒開館時間:9:00~17:00/休館日:火曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始/入館料:一般300円、小中学生200円
【2018年度のおもな事業】
「開館30年記念企画展」10月上旬~11月上旬⇒北海道を代表する動物化石を展示
幕別町ふるさと館
 施設ホームページへ
〒089-0571 幕別町依田384-3 Tel.0155-56-3117
昭和54年開館、町の歴史資料を保存・展示する施設。とくに考古・アイヌ・開拓の貴重な資料を多数展示。
利用案内⇒開館時間:9:00~17:00/休館日:月・火曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始/入館料:一般200円、小中学生100円
 
ひがし大雪自然館 施設ホームページへ
〒080-1403 上士幌町字ぬかびら源泉郷48番地2 Tel.01564-4-2323
環境省ビジターセンターと上士幌町博物資料館の合築による施設。東大雪地域の自然や歴史、昆虫の世界を紹介

利用案内⇒開館時間:9:00~17:00/休館日:水曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始/入館料:無料
【2018年度のおもな事業】
ロビー展・企画展◆
「夏鳥展」~10月30日⇒糠平周辺でみられる夏鳥を紹介
「上士幌の青色」6月2日~7月1日⇒上士幌町内でみられる青色の生物・景観・環境を展示・紹介
「十勝石展」9月29日~10月28日⇒十勝で見つかる黒曜石を中心に展示・紹介
「アクティブレンジャー写真展」11月1日~11月30日⇒環境省アクティブレンジャーによる写真展
「冬鳥展」11月1日~3月31日⇒糠平周辺でみられる冬鳥を紹介
「自然館写真展2018」2月1日~28日⇒自然館職員が1年間撮った写真を中心に展示
「糠平の植物化石」9月2日~9月24日⇒糠平湖から産出した植物化石を紹介
「思い出の士幌線」9月30日~10月29日⇒士幌線にまつわるさまざまなグッズ・写真を紹介
ひがし大雪自然館講座◆(一般・毎回40名)
「糠平の植物化石」6月10日⇒座学と野外で糠平の植物化石を観察
「音更川のコケ植物」7月1日⇒座学と野外で糠平周辺のコケ植物を観察
「糠平周辺のきのこ」8月26日⇒座学と野外で糠平周辺のきのこを観察
東大雪むしむしWEEK
「昆虫採集と標本づくり」7/21~22、7/27~29、8/3~5⇒糠平周辺での昆虫採集と標本製作(一般・各回20名)
「ライトトラップ体験と夜の自然館体験」7/21~22、7/27~29、8/3~5⇒夜にライトトラップに集まる昆虫を観察(一般、定員なし)
自然観察会◆(一般、毎回10名)
「野鳥編in十勝三股」6月2日・3日⇒十勝三股を散策しながら野鳥観察
「登山編」6月下旬~7月上旬⇒白雲山を登りながら植物やナキウサギを観察
「昆虫編(マルハナバチ)」7月15日⇒糠平周辺を散策しながらマルハナバチを中心に観察
「野鳥編(エゾライチョウ)」9月23日⇒十勝三股周辺でエゾライチョウの観察とカウントを行う
「地形と地質編」10月14日⇒町内で黒曜石を中心に、地形や地質を観察
「動物編(足跡)in糠平」2月10日⇒スノーシューをはいて糠平周辺で動物の足あとなどを観察
「野鳥編(ワシタカ)」2月17日⇒オジロワシ、オオワシの越冬個体の観察とカウントを行う
「動物編(足跡)in十勝三股」2月24日⇒スノーシューをはいて十勝三股周辺で動物の足あとなどを観察
親子自然かんさつ会(親子10組)
「親子で石拾い」10月7日⇒町内の河原で黒曜石を中心に石を採集
その他
「秋の自然館まつり」11月3日⇒各種ワークショップを実施
「バックヤードツアー」11月~3月の第3日曜日⇒収蔵庫や研究室の見学(一般、各日とも15名)
広尾町海洋博物館 ⇒施設ホームページへ
〒089-2561 広尾町野塚989 Tel.01558-2-5572
広尾町近海の漁法や海に関する資料のほか、横綱北勝海特別展・坂本直行画伯の絵画などを展示。
利用案内⇒開館時間:10:00~16:00/休館日:月曜日、祝日の翌日、年末年始/入館料:一般300円、小中学生150円
 
 ★ 釧 路 ★
厚岸町海事記念館 施設ホームページへ
〒088-1128 厚岸町真栄3丁目4番地 Tel.0153-52-4040
海に関わる歴史資料を保存・展示。海洋航行に必要な天体学習を目的としたプラネタリウムを設置。
利用案内⇒開館時間:9:00~17:00/休館日:月曜日、祝日の翌日、年末年始/入館料:一般210円、高校生以下無料
【2018年度のおもな事業】
「写真展」6月23日~7月22日⇒海や山、自然、文化を題材とした写真展
「考古学出前講座」7月29日⇒(公財)北海道埋蔵文化財センターと共催で「勾玉作り」を体験(児童生徒20名)
「第46回ふるさと教室」8月26日⇒釧路市中央図書館、文学館、7月オープンの標茶町郷土館を巡り、近隣地域の文化財や歴史を学ぶ(一般20名)
「小中学生「宇宙の日」記念作文絵画コンテスト作品展」8月中旬⇒小・中学生から募集した作文・絵画を展示
「海の作品展」9月上旬⇒夏休み中に町内小中学生が作った海に関する作品の展示
「文化財歴史講演会」9月22日⇒厚岸町の歴史や文化財に関する講演会
「ほじぞら教室」10月中旬⇒季節の星座観望と、その時季にみられる天文現象を天体望遠鏡などで観察(一般)
「古文書教室」10月13日⇒地域の歴史や史料についての理解・関心を深める(一般)
特別展「江戸から明治へ-厚岸の激動の時代へタイムスリップ」11月23日~1月27日⇒北海道命名150年を記念し、幕末から明治にかけての厚岸の移り変わりを紹介
学校支援事業「なつかしの道具たち」12月1日~2月24日⇒収蔵資料を中心に、明治~昭和に使用された道具を展示
「古文書教室」2月9日⇒道立文書館と共催で地域の歴史史料への理解を深める
「3館スタンプラリー」~11月15日⇒海事記念館、郷土館、太田屯田開拓記念館を巡るスタンプラリー。達成者にはオリジナルグッズ進呈
釧路市立博物館 ⇒施設ホームページへ
〒085-0822 釧路市春湖台1-7 Tel.0154-41-5809
釧路地方の自然、歴史、産業、文化を『豊富な資料、リアルなジオラマ、美しい映像で紹介する総合博物館。
利用案内⇒開館時間:9:30~17:00/休館日:月曜日、祝日(4月~11月3日の間を除く)、年末年始/入館料:一般470円、高校生250円、小中学生110円

【2018年度のおもな事業】
特別展
「松浦武四郎絵本原画展」~6月3日⇒エントランスホール 無料
「タンチョウイラスト展」6月6日~7月8日⇒エントランスホール 無料
「生物細密画展」7月14日~9月30日⇒エントランスホール 無料
「シマエナガ写真展」10月6日~11月4日⇒エントランスホール 無料
「イラクサ展」11月10日~1月20日⇒エントランスホール 無料
私の博物館「写真展・私の一枚(仮)」1月26日~4月7日⇒エントランスホール 無料
「まちなか企画展」⇒7月20日~8月29日⇒北大通5会場で開催。
講演会◆会場は講堂、参加は無料
「スゲ講演会」6月23日⇒講堂 無料 
「シマエナガ講演会」10月14日⇒講堂 無料
講座
「スゲ標本同定会」6月23日⇒10時~12時 要申込み
「昆虫画ライブドローイング・スケッチ教室」7月~9月(未定)
現場で学ぶ「石炭基礎講座」9月⇒要申込み
「学芸員トーク」2月・3月 13:30~15:30⇒各学芸員の調査研究等を紹介。会場は講堂、無料
観察会・探訪会
「春採湖畔草花ウオッチング」6/16・7/21・8/18・9/15⇒13:30~15:00、博物館集合、要参加費
「春採湖畔探鳥会」6/17・7/15・8/19・9/23・10/21・11/18⇒8:00~10:00、博物館集合、無料
「しらべてみよう春採湖の昆虫」6/9・7/14・8/11・9/8⇒13:30~15:00、博物館集合、要参加費
歴史探訪会「まちなみ散歩」6月3日・8月26日⇒10時~12時、市内各所、現地集合、要参加費
「バーバリウム霧多布」6/2・7/7・8/4・9/1・10/6・11/3・12/1⇒霧多布湿原センター集合、要申込み、無料。
「バスで行く市内国史跡探訪会」7月22日⇒定員30名(要申込み)、要参加費
「山の日にお供え山に登ろう」8月11日⇒
体験講座
「夏休み親子土器作り教室」7月28日⇒13時~16時。親子25名(要申込み)、要参加費
「化石レプリカ教室」(日時未定)⇒13:30~15:00、小中学生20名(要申込み)、要参加費
「化石クリーニング教室」3月(日時未定)⇒小中学生20名(要申込み)、要参加費
「カラー拓本体験」10月8日⇒埋蔵文化財センター展示室
「おそなえもちをつくろう」12月22日⇒10:30~12:30、小・中学生と保護者70名(要申込み)、要参加費
「黒曜石ナイフでなんか切ろう」11月3日⇒10:00~15:00 埋蔵文化財センター 申込み不要、無料
「まが玉をつくろう」1月5・6日⇒9:30~16:00、講堂。(時間内自由参加)、要材料費
その他
「博物館で遊ぼう」5月5日
「竪穴まつり」9月16日⇒10時~15時。北斗遺跡展示館前集合、無料
「第29回博物館まつり」9月30日⇒10:00~13:00.申込み不要、無料

阿寒国際ツルセンター 施設ホームページへ
〒085-0245 釧路市阿寒町23線40 Tel.0154-66-4011
タンチョウの生態・行動を紹介。夏には飼育のタンチョウを、冬には給餌場で野生ツルを観察できる
利用案内⇒開館時間:9:00~17:00/休館日:無休/入館料:高校生以上470円、小中学生240円
  
標茶町博物館 ⇒施設ホームページへ
〒088-2261 標茶町字塘路56 Tel.015-487-2332
明治期に釧路集治監として使用した建物で、先史時代からの標茶の歴史と湿原の動植物、昆虫を紹介。
利用案内⇒開館時間:9:30~16:30/休館日:年末年始/入館料:無料
【2018年度のおもな事業】
展示
企画展「飯島一雄と飯島コレクション展」10月1日~11月30日⇒昆虫研究者・飯島一雄の功績を追う企画展(釧路市立博物館と共催)
巡回移動展「新しい博物館へようこそ」1月27日~3月23日⇒新館の特色や新たな展示などを紹介。町内10会場を巡る
◆講座など

「粘土で土器を作ろう!」7月7日⇒親子を対象とした土器作り講座(親子15名)=塘路湖エコミュージアムセンターと共催(親子を含む一般15名)
「釧路湿原 自然と歴史をたずねて」8月11日⇒塘路元村地区に整備されている遊歩道で自然観察など(親子を含む一般15名)
「大人向け 土器作り体験」9月8日~9日⇒大人を対象とした、やや大型の土器作り講座(一般10名)
「釧路川カヌー下り遺跡探検」10月14日⇒河岸段丘に広がる遺跡の展望、塘路二股遺跡で遺物の表面採集体験など(親子含む一般10名)
 
鶴居村ふるさと情報館 
〒085-1206 鶴居村東5-3 Tel.0154-64-2200
タンチョウの羽ばたきをデザインした外観。鶴居村の近未来酪農、釧路湿原やタンチョウをジオラマで再現
利用案内開館時間:10:00~18:15/休館日:年末年始、館内整理日(毎月1回)、蔵書点検日(年1回)、入館料:無料
弟子屈町屈斜路コタンアイヌ民俗資料館 ⇒施設ホームページへ
〒088-3351 弟子屈町字屈斜路市街1-11 Tel.015-484-2128
屈斜路湖南岸に建つ、個性的な外観の資料館。アイヌ民族の歴史、暮らしを展示物や映像等で紹介
利用案内⇒開館時間:9:00~17:00/休館日:11月1日~4月28日/入館料:高校生以上420円、小中学生280円
 
【2018年度のおもな事業】
「アイヌ文様刺しゅう体験」4/29~10/31⇒アイヌ文様刺しゅうを施した布製のしおりやコースター作り。無料。1回に3名程度まで。
「アイヌ民族衣装試着体験」4/29~10/31⇒伝統衣装を試着し、記念撮影ができる。無料。一度に6名程度まで。(協力=弟子屈町屈斜路古丹アイヌ文化保存会)
 ★ 根 室 ★
標津町ポー川史跡自然公園 施設ホームページへ
〒086-1602 標津町字伊茶仁2785 Tel.0153-82-3674
エゾゴゼンタチバナが群生する標津湿原と、日本最大の竪穴群伊茶仁カリカリウス遺跡を保存公開する公園
利用案内⇒開館時間:9:00~17:00/休館日:11月24日~4月28日/入館料:一般320円/高校・大学生:100円/小学生以下無料
【2018年度のおもな事業】

「しべつ縄文まつり」6月16・17日⇒ポー川史跡自然公園の環境を活かした体験型イベントを開催。16日はカヌー体験、17日は園内探検ゲーム・昔遊び体験など
「会津松平家14代当主講演会」7月8日⇒会津藩12代当主・松平容保公の直系の孫、14代保久氏による講演会(会場:標津町生涯学習センター)
「松浦武四郎パネル展」9月25日~10月1日⇒松浦武四郎をテーマにしたパネル展(会場:標津町生涯学習センター)
「アイヌ文化フェスティバル」10月20・21日⇒松浦武四郎をテーマにした講演会と町内エクスカーション(会場:標津町生涯学習センター)
標津サーモン科学館 ⇒施設ホームページへ
〒086-1631 標津町北1条西6丁目1-1-1 Tel.0153-82-1141
世界のサケ科魚類約30種を見ることができる。秋にはサケの遡上、産卵の様子を観察できる
利用案内⇒開館時間:9:30~17:00/休館日:5月~10月は無休、11月・2~4月は水曜日(祝日の場合は翌日)、12月~1月
      入館料:一般610円、70歳以上500円、高校生400円、小中学生200円
【2018年度のおもな事業】
「サクラマス遡上観察会」7月⇒忠類川金山の滝でのサクラマス遡上観察(一般20名)
「シロザケの産卵行動観察会」11月⇒忠類川および館内での産卵行動の観察(一般20名)
「シロザケの人工授精体験」11月⇒人工授精体験と館内での産卵行動観察(一般20名)
 
中標津町郷土館 ⇒施設ホームページへ
086-1164 中標津町丸山2-15 Tel.0153-72-2190
昭和46年開館。中標津の歴史・自然資料の保存と展示。農業関連資料を展示した分館(登録有形文化財)もある
利用案内⇒開館時間:3・4月=10:00~17:00、5~9月=9:00~17:00、10月=9:00~16:00、11~2月=10:00~16:00/休館日:月曜・祝祭日の翌日・年末年始/入館無料
【2018年度のおもな事業】
「定例自然観察会」4月~9月(月1回)⇒丸山公園の自然観察会。児童・一般
◆特別展示◆
「北海道命名150年記念 松浦武四郎根室管内移動巡回展(仮)」8月25日~30日⇒会場:文化会館
「北海道命名151年記念 松浦武四郎根室管内移動巡回展(仮)」1月~3月⇒会場:郷土館、文化会館、交流センター
根室市歴史と自然の資料館 施設ホームページへ
087-0032 根室市花咲港209 Tel.0153-25-3661
旧海軍の通信施設を転用した施設で、根室の歴史・自然資料の保存と展示。千島やロシアの情報も収集・研究
利用案内⇒開館時間:9:30~16:30/休館日:月曜日、祝日、年末年始/入館料:無料
【2018年度のおもな事業】
松浦武四郎根室管内移動巡回展」9月4日~8日⇒会場:根室市総合文化会館
「学芸員講演会」2月⇒学芸員の研究・調査成果を市民に発表する講演会
「自然観察会」春・秋の2回⇒根室の自然にふれる観察会
「史跡見学会」年1回(未定)⇒根室市内の史跡を巡る学芸員の行っている調査研究活動を体験する(子供・家族対象)
「歴史体験学習」年1回(未定)⇒勾玉作りなどの体験学習
 
別海町郷土資料館 施設ホームページへ
〒086-0201 別海町別海宮舞町30番地 Tel.0153-75-0802
考古資料や林業、生活関係資料などを中心に郷土資料が充実。町立図書館や加賀家文書館と併設
利用案内⇒開館時間:9:00~17:00/休館日:第2・4月曜、第1・3・5土・日曜、祝日、年末年始
【2018年度のおもな事業】
ふるさと講座「自然系~別海自然探訪」⇒①チドリ・シギ類②野付半島の地形と地質③コクガン・カモ・ユキホオジロ④海ワシ・海カモ・海カモメ
ふるさと講座「歴史系~歴史の道」⇒①野付通行屋跡遺跡②奥行地区文化財巡り③町文化財巡り④野付1・2遺跡(擦文・アイヌ)
サマースクール「別海町の古代」⇒まが玉つくり
ウインタースクール「マンモスゾウがいたころ」⇒化石レプリカ作り
企画展「松浦武四郎生誕200年」9月中旬⇒

別海町郷土資料館附属施設「加賀家文書館」 施設ホームページへ
〒086-0201 別海町別海宮舞町29 Tel.0153-75-2473
幕末の別海町、加賀家が見たもの、そして蝦夷地に抱いた夢とは。加賀家文書を映像・ジオラマなどで紹介
利用案内⇒開館時間:9:00~17:00/休館日:第2・4月曜、第1・3・5土・日曜、祝日、年末年始/入館料:一般300円、高校以下=無料
 
【2018年度のおもな事業】
「加賀家文書歴史講座」2月⇒加賀家文書を中心とした近世江戸時代末期の要旨に関する講座
北海道立北方四島交流センター  施設ホームページへ
〒087-0037 根室市穂香110-9 Tel.0153-23-6711
日本とロシア関係の資料、歴史的文献、関係図書の閲覧、250インチ大画面映像、館内ガイド実施
利用案内⇒開館時間:9:00~17:00/休館日:月曜日(5~10月は無休)、年末年始/入館料:無料
【2018年度のおもな事業】
「ロシア料理講座」7月上旬・1月下旬⇒市内のロシア人を講師に招き、ロシアの家庭料理の紹介(一般30名)
「ロシア語講座」11月上旬・1月下旬⇒初心者を対象とした講座(一般30名)
「日ロ相互理解講座」9月(予定)⇒日ロ関係の専門家を講師に招き、ロシア文化に関連した講座を開催(一般30名)。
羅臼町郷土資料館  施設ホームページへ
〒087-0037 羅臼町峯浜町307 Tel.0153-66-3850 
国指定重要文化財「松法川北岸遺跡出土品」をはじめ町内の遺跡から出土した遺物やオジロワシ・オオワシをはじめとする知床の生きものなどを紹介
利用案内⇒開館時間:9:00~17:00/休館日:土・日曜日、祝日、年末年始/入館料=無料。
【2018年度のおもな事業】
特別展「春苅古丹の歴史=春苅古丹第2チャシ跡遺跡の調査から」7月21日~9月2日⇒平成29年度に実施した遺跡発掘踏査の成果などを紹介
「北海道命名150年 松浦武四郎巡回展」9月18日~21日
 
 
 
 15>Tcy���V>c>l>w>�Ee��%�]� � �  ( 2 8 e f6