本文へスキップ
お問い合わせは TEL/FAX.0155-36-0701
月・木・金曜日 10:00~15:00
(火・水・土・日曜・祝日は閉館)

※新型コロナ対策のためしばらく閉館しています

   帯広友の会とは

   

 全国友の会と帯広友の会


   全国友の会は、昭和5年に羽仁もと子が創刊した雑誌「婦人之友」の愛読者によって創られました。
  全国各地、海外に約2万人の仲間がいます。
   帯広友の会はその一つで、20代から80代まで約250人の女性で構成され帯広を中心に
  活動しています。家庭を大切に考え、衣・食・住・家計・子育てのこと、環境資源について学び、
  地域に働きかけ、よりよい社会を創りたいと希っています。

羽仁もと子について                  

羽仁もと子とは

1873年青森県八戸に生まれる。
明治女学校に学び、1897年報知新聞社に入社日本初の婦人記者に。
報知新聞記者羽仁吉一と1901年に結婚。
1903年 「婦人之友」 発行
1921年 自由学園 創立
1930年 全国友の会 結成



家計簿の創刊


1904年日本最初の「家計簿」を発行。
予算生活による家庭経済の経営を観点とし現在も毎年『羽仁もと子案 家計簿』として
発行され多くの人につけ続けられている。
 現在の婦人之友社の家計簿はこちら(婦人の友社のサイトにジャンプします)

「羽仁もと子著作集」の刊行


1927年、最初の著作集を刊行。
「心からの親しみをもってさしあげる私の手紙」として1956年の絶筆まで心魂こめて書きつづられた。その生きた言葉は、現在全21巻を数え、ロングセラーとなっている。

  1巻 人間篇  2~4巻 思想しつつ生活しつつ(上中下)
5~7巻 悩める友のために(上中下)    8巻 夫婦論
  9巻 家事家計篇 10~11巻 家庭教育篇(上下)
 12巻 子供読本   13巻 若き姉妹に寄す
 14巻 半生を語る   15巻 信仰篇
 16巻 みどりごの心   17巻 家信
 18巻 教育三十年   19巻 友への手紙
 20巻 自由協力愛   21巻 真理のかがやき